狗奴国

  狗奴国(くなのくに)  

 現在の阿蘇の地にあった国が狗奴国です。

 この国は「魏志 倭人伝」の記述では、邪馬台国に属さない(従わない)国として紹介されています。(那国とも敵対関係にありました)

 この狗奴国の本来の字は「旧那国(くなのくに)」です。

 地図を見てもらえれば分かる通り、那国と旧那国は有明海を通じてつながっており、この名前から判断すると、那国は旧那国を祖国として作られた国のようです。

 そういった祖国としてのプライドもあり、旧那国は最後まで邪馬台国を盟主とする諸国連合に逆らい続けたのでしょう。

 この旧那国という国号は旧那国本来のものではなく、那国の人が「昔の那国」という意味で呼んでいた「通称」だと思われます。

 魏使が倭国に来た時に、この通称で紹介したために、「魏志 倭人伝」にこの名が残ってしまったのでしょう。

「魏志 倭人伝」によれば、卑弥呼の宗女(血族)である台与(とよ)の時代に「倭国はついに平定された」と書かれています。

 つまり、この台与の時代に、ようやく旧那国は邪馬台国の支配下に入ったようです。

  熊襲(くまそ)  

 記紀では、天皇一族に従わない部族を「熊襲(くまそ)」と呼んでいます。

 熊襲は天皇一族に恭順せず、日本武尊に倒されました。

 熊襲の王は「少女」の姿になった日本武尊に討たれ、倭国は平定されました。

「阿蘇」の「阿」は「くま」とも読みます。「阿蘇」とは「くまそ」とも読めるのです。(「熊本」も「くま(阿)」の「もと(素)」と書いて「阿素(くまそ)」になります)

 この文字に隠された情報から考えると、この阿蘇と呼ばれる地に熊襲の国があったようです。

 那国は波多氏を含む「阿毎族(あまぞく)」の発祥地であり、その阿毎族が生まれた場所が、この阿蘇なのです。古代の人は、阿毎族の「祖」が出た場所ということで、現在の熊本を「阿祖(あそ)」と呼んでいたようです。

「魏志 倭人伝」では、旧那国は少女台与によって平定されていますが、これを暗示するかのように、記紀では少女に変装した日本武尊によって熊襲の王が殺され、倭国は平定されています。

 この奇妙な一致は、日本武尊の事績が、阿毎族(波多氏)の事績であることを示しています。(日本武尊の実在性は低いようです)