不弥国・巴利国

  不弥国(ふみのくに)  

 那国から邪馬台国へと向かうルートは、現在の地名で言うと、筑紫平野から出発して大分県の日田市を通って大分市に抜け、そこから九州東端の海岸沿いに南下して宮崎県西都市へ向かうルートだったようです。

 現代の感覚でいうと、船で直接宮崎県に向かう方が早いように思えますが、この時代の倭国には大きな船を建造する技術がなく、小さな丸木舟を漕いで向かうぐらいならば、危険の少ない陸路を通った方が断然良かったのでしょう

 この不弥国は、そうやって邪馬台国へ向かうときに最初の一歩を踏み出す国です。だから「踏み国(ふみのくに)」と呼ばれたのではないでしょうか。

  巴利国(はりのくに)  

 現代の大分県は、温泉の出る県ぐらいのイメージしかありませんが、この時代の大分は、倭国にとってとても重要な国だったようです。

 ここは「書 倭国伝」では「秦王国」と呼ばれています。

 この「秦王国」には日本の大王である「多利思比孤(たりしひこ)」がいたようです。つまり日本の都だった場所なのです。

 この「秦王国」とは「はたおうのくに」と読み、古代の「秦王(波多氏の王)」が住んでいた国であることがうかがえます。

 この「秦王」とは、おそらく波多氏出身の天皇である応神天皇のことだと思われます。

 現代でも大分県宇佐市にある宇佐神宮で応神天皇が「八幡様」として祀られているのは、こういう経緯があってのことなのです。

 そして、大分の地は「豊(とよ)の国」とも呼ばれています。

 この「とよ」とは「魏志 倭人伝」にも登場する「台与」のことです。

 地名から推測して、台与は大分の人だったようですが、そうするともう一つのことも見えてきます。

 台与が卑弥呼の宗女であったことを考えると、卑弥呼も大分出身の人と考えるのが妥当のようです。

 台与、卑弥呼、神功皇后と、大分出身の女王が続いているのは、どういう理由なのでしょうか。謎は深まります。

 この古代倭国の重要拠点であった大分が「魏志 倭人伝」にも載っているはずだと考え、あえて比定してみたのが、この「巴利国」です。

 これは本来の字を「墾(は)りの国」と書き、「田を墾(は)る」という意味合いを持ちます。(波多氏の名の由来は「墾田」です)

 また、「大分」という地名も、「多い田(田の多い国)」という意味と、「多い倭家(天皇の直轄領)」という二つの意味を持ちます。

 以上の事柄を総合して考えると、この「墾(は)りの国」は那国から枝分かれして出来た波多氏の国であり、邪馬台国の女王卑弥呼の生まれ故郷であったようです。